Русский English 中国 Português 日本語 Indonesia

ボレアスとオリフィア

Groznyボレアス、不屈の、嵐の北風の神。 彼は彼の飛行ですべての破壊の嵐を引き起こし、土地や海の上に猛烈に突入します。 ボレアスはかつてアッティカの上を通過する彼の娘を見ましたErechtheaOrifiaそして彼女と恋に落ちました。 ボレアスはオリフィアに妻になるように懇願し、彼女を彼と一緒に極北の王国に連れて行くように頼んだ。 Orifiaは同意しなかった、彼女は恐るべき、厳しい神を恐れていた。 ボレアスはオリフィアの父エレクテウスからも拒否された。 何の要求も、ボレアスからの嘆願も助けませんでした。 恐ろしい神は怒って叫んだ:

Boreas kidnaps Orifia
ボレアスはオリフィアを誘拐する。
(花瓶に描く。)

-私はそのような屈辱に値する自分自身! 私は私の手ごわい、暴力的な強さを忘れてしまった! 私は謙虚に誰かを請うことは適切ですか? 力によってのみ、私は行動しなければなりません! 私は空を横切って雷雲を運転し、私は山のように海に波を上げ、私は草の乾燥した刃のように古代の樫を根絶し、私は雹で地球を鞭打ち、石のように水を氷に変えます-そして、私は無力な死人のように祈ります。 私は地球上の熱狂的な飛行で急いでいるとき、地球全体が揺れているとさえ冥界が揺れているハデス。 そして、私はエレクテウスに私が彼のしもべであるかのように祈ります。 私はオリフィアが私の妻であることを懇願してはなりませんが、力で彼女を奪う!

ボレアスは彼の強大な翼を振った。 嵐は地球上で激怒した。 葦のように、何世紀も昔の森林が揺れ、泡で覆われた波が海を横切って脅迫的に来て、暗い雲が空全体を覆った。 ボレアスの暗いマントが山の上に伸び、北の冷たい寒さが彼から吹いた。 彼の道のすべてを粉砕し、Boreasはアテネに駆けつけ、Orifiaをつかんで、急騰し、彼女と一緒に北に飛んだ。

そこOrifiaはBoreasの妻になりました。 彼女は彼に二人の双子の息子、ZetaKalaidを産んだ。 二人とも父親のように翼を持っていた。 ボレアスの息子たちは偉大な英雄であり、両者はコルキスへの黄金の羊毛のためのアルゴノートのキャンペーンに参加し、多くの偉大な偉業を果たしました。