Русский English 中国 Português 日本語 Indonesia

初期ヘラディック時代 (XXX - 紀元前 XXI 世紀)

初期のヘラデス時代、ギリシャ本土の領土には、古代末期の伝承でペラスギ人と呼ばれる人々が住んでいました。おそらく、民族構成に関しては、インドヨーロッパ人ではなく、ギリシャ人以前でした.

この期間の終わりに、要塞化された集落がいくつかの沿岸地域に現れます。最も初期のものは、アッティカのラフィーナの近代的な町の近くにある典型的な部族の村でした。石で舗装された通りがあり、それに沿って長方形の家が建てられました。村には冶金のワークショップもあり、金属鋳造の発展を示しています。レルナの町(アルゴリス地方のペロポネソス半島)には、別のタイプの集落があります。これは要塞化された城塞です。ここには宮殿の建物があり、壊れやすい生のレンガで建てられ、壁の厚さは最大 1 メートルでした。 2階建てで、下段は倉庫、上段は人が住む前室でした。家々の屋根は瓦で覆われていました。宮殿の周りには小さな集落がありました.

3 千年から 2 千年の変わり目に、ギリシャに異星人が住むという大きな出来事が起こります (紀元前 21 世紀から 20 世紀頃)。北から、ドナウ川の低地から、またはテッサリアから、後にアカイア人と呼ばれる部族がやって来ました。地元住民は、エイリアンが破壊する可能性のあるラフィーナの近くやレルナなどの居住可能な場所を離れています。レルナの和解が消滅したという後の考えは、おそらく、恐ろしい怪物であるレルネのヒドラを倒したヘラクレスの2番目の偉業に関連しています。彼はヒドラの頭を切り落とし、毒の矢でそれを塗りつけ、それから彼は後に死にました。モンスターの殺害は、アカイア人と地元住民との間で繰り広げられた戦争を反映している可能性があります.

ペラスギ人を部分的に滅ぼし、部分的に同化した部族は間違いなくギリシア人であり、1千年紀のギリシア民族の直接の前身であった.アカイア人がギリシャに徐々に侵入したとき、同化は急激な拡大なしに徐々に進んだ可能性があります。