Русский English 中国 Português 日本語 Indonesia

クレタ島の雄牛(第七の偉業)

第七のタスクを完了するにはEurystheia,ヘラクレスギリシャを離れ、クレタ島に行かなければならなかった。 エウリュステウスはクレタの雄牛をミケーネに連れて来るように指示した。 この雄牛はクレタ島の王に送られましたミノス、ヨーロッパの息子、地球シェーカーによってポセイドン;ミノスはポセイドンに雄牛を犠牲にしなければならなかった。 しかし、ミノスはそのような美しい雄牛を犠牲にして申し訳ありません-彼は彼の群れにそれを残し、ポセイドンに彼の雄牛の一つを犠牲にしました。 ポセイドンはミノスに怒っていたし、怒りで海から雄牛を送りました。 雄牛は、すべての島の上に実行され、そのパス内のすべてを破壊していた。 偉大な英雄ヘラクレスは雄牛を捕まえ、それを飼いならした。 彼は雄牛の広い背中に座って、クレタ島からペロポネソス島まで海を渡って泳いだ。 ヘラクレスは雄牛をミケーネに連れて行ったが、エウリュステウスはポセイドンの雄牛を群れに残して自由にすることを恐れていた。 再び自由を感じ、狂牛病の雄牛はペロポネソス半島を北に駆け抜け、最終的にマラソンフィールドでアッティカに走った。 そこで彼は偉大なアテナイの英雄によって殺されましたテセウス