Русский English 中国 Português 日本語 Indonesia

ヘラクレスとオンファレ

殺人事件のために Ifit 売られた ヘラクレス 奴隷としてリディア女王 < a href="/ja/glossary/omfala">オムファラ。ヘラクレスは、誇り高いリディアの女王に仕えることほどの困難を経験したことはありませんでした。最も偉大なヒーローは、彼女から絶え間ない屈辱を受けました。オンファラはゼウスの息子をいじめることに喜びを感じたようです。ヘラクレスに女性の服を着せた後、彼女は彼を回転させ、メイドと一緒に織りました。ラーネのハイドラを重い棍棒で打った英雄、ハデス王国から連れてきた英雄ケルバーは、ネメアのライオンを手で絞め殺し、大空の重さを肩に担ぎ、敵をその名で震え上がらせた英雄は、織機の前にかがみこんで座らなければなりませんでした。鋭い剣を振るうのに慣れた手で羊毛を紡ぎ、きつい弓の弦を引き、重い棍棒で敵を攻撃します。そしてオンファレは、ヘラクレスのライオンの皮をかぶって、彼女の全体を覆い、地面に沿って彼女を引きずり、彼の金色の甲羅で、剣を身に着け、英雄の重いメイスを肩にかけるのが困難になり、息子の前に立ったゼウスと彼を嘲笑した-彼女の奴隷。オンファラは、いわば、ヘラクレスで彼の無敵の力をすべて消し去ろうとしました。ヘラクレスは、オンファレに完全に奴隷化されていたため、すべてに耐えなければならず、それは 3 年間続く必要がありました。

オンファラが英雄を宮殿から手放すことは、たまにしかありませんでした。ある日、オンファラの宮殿を出た後、ヘラクレスはエフェソスの近くの木立の陰で眠りに落ちました。眠っている間、ケルコップのドワーフは彼に忍び寄り、彼から武器を盗もうとしましたが、ケルコップが彼の弓と矢をつかんだちょうどその時、ヘラクレスは目を覚ました.主人公は彼らを捕まえ、手足を縛った。ヘラクレスは、縛られた足の間のケルコップに大きな棒を通し、それらを柄に運びました。しかし、Kerkops は、偉大な英雄が彼らを行かせたので、Hercules を彼らのふざけた態度で大いに笑わせました.

オンファラの奴隷制の間、ヘラクレスはアウリッドの王 Siley のもとにやって来ました。ブドウ園。彼はまた、ヘラクレスを機能させました。怒った英雄はシリーからすべてのブドウの木を引き抜き、もてなしの神聖な習慣を尊重しなかった王自身を殺しました。オンファラでの奴隷生活の間、ヘラクレスはアルゴナウタイのキャンペーンに参加しました。しかし、ついに罰の期間が終わり、ゼウスの偉大な息子は再び自由になりました。