Русский English 中国 Português 日本語 Indonesia

アポロの牛を誘拐するエルメス

Hermes は、Kyllena のクールな洞窟で生まれたばかりで、最初のトリックを計画していました。彼は銀の腕を持つアポロから牛を盗むことに決めました。アポロは当時、マケドニアのピエリアの谷で神々の群れを飼っていました。母親に気づかれないようにそっと、エルメスはオムツから出てゆりかごから飛び出し、洞窟の出口へと忍び寄った。まさに洞窟で、彼は亀を見てそれを捕まえ、亀の盾と3本の枝から最初の竪琴を作り、その上に甘い響きの弦を引っ張った。エルメスはひそかに洞窟に戻り、竪琴をゆりかごに隠し、再び去り、風のように素早くピエリアに駆けつけました。そこで彼はアポロの群れから15頭の牛を盗み、葦と枝を足に結び付けて道を覆い、すぐに牛をペロポネソス半島に追いやった.エルメスが夜遅く、ボイオーティアで牛を追い回していたとき、彼はぶどう園で働いている老人に会いました。

ヘルメスは神であり、神の使者であり、交易と窃盗の守護者です。
ヘルメスは神であり、神々の使者であり、貿易と盗難の守護神です.

- これらの牛の 1 頭を取りなさい. - エルメスは彼に言った. - 私がここで牛を追い払うのを見たことを誰にも言わないで.

寛大な贈り物を喜んだ老人は、エルメスに黙って、牛を追い払った場所を誰にも見せないようにと言いました。エルメスは続けた。しかし、彼は老人をテストしたかったので、遠くまで行きませんでした-彼が約束を守るかどうか。森の中に牛を隠し、姿を変えた彼は戻ってきて老人に尋ねました:

-教えてください、少年はここで牛を追い払いましたか?彼が彼らをどこに追いやったか教えてくれたら、雄牛と牛をあげましょう。

老人は長い間躊躇せず、言うに及ばず、本当に別の雄牛と雌牛を手に入れたいと思っており、少年が牛を盗んだ場所をエルメスに示しました。エルメスは老人が約束を守らなかったことにひどく腹を立て、怒って彼を唖然とした岩に変えたので、彼はいつも黙ってこの言葉を守らなければならないことを覚えていました.

その後、エルメスは牛を迎えに戻り、急いで牛を追い払いました。最後に、彼は彼らをピュロスに連れて行った。彼は2頭の牛を神々に生け贄に捧げ、犠牲の痕跡をすべて破壊し、残りの牛を洞窟に隠し、牛の足跡が洞窟にではなく洞窟から出るように後ろ向きに導きました。 /p>

これらすべてを終えると、エルメスは静かに洞窟に戻って母親のマヨのもとに戻り、ゆっくりと揺りかごに横たわり、おくるみに包まれました.

しかし、マヤは息子の不在に気づきました。彼女は非難するように彼に言いました:

- あなたは悪いビジネスを計画しました。なぜアポロンの牛を盗んだの?彼は怒ります。結局のところ、あなたはアポロがどれほどひどい怒りを抱いているかを知っています。彼の見逃せない矢が怖くないですか?

- 私はアポロを恐れていません. - エルメスは母親に答えました. - 彼を怒らせてください.もし彼があなたや私を怒らせようと決心したなら、私は復讐としてデルフィの彼の聖域全体を略奪し、彼の三脚、金、銀、衣服をすべて盗みます.

アポロはすでに牛がいなくなったことに気づき、探しに出かけました。彼はそれらをどこにも見つけることができませんでした。最後に、預言者の鳥は彼をピュロスに連れて行きましたが、そこでさえ金色の髪のアポロは彼の牛を見つけられませんでした.牛が隠れていた洞窟には入らなかったのは、足跡が洞窟に通じていたのではなく、洞窟から出ていたからです。

ついに、長い無駄な捜索の後、彼はマヤの洞窟にたどり着きました。アポロの接近を聞いて、エルメスはゆりかごにさらに深く登り、くるみをきつく包み込みました。激怒したアポロはマヤの洞窟に入り、無邪気な顔をしたエルメスがゆりかごに横たわっているのを見ました。彼は牛を盗んだことでエルメスを非難し始め、牛を彼に返すよう要求したが、エルメスはすべてを放棄した.彼はアポロンに、自分から牛を盗もうとは考えておらず、牛がどこにいるのかまったくわからないことを保証しました.

- 聞いて、坊や! - アポロンは怒りの声を上げました - 私はあなたを暗い タルタル に倒します。あなたが私の牛を私に返さなければ、父も母もあなたを救うことはできません.

- 0、Latons の息子です!エルメスは答えた。 - 見ませんでしたし、知りませんし、あなたの牛について他の人から聞いたこともありません。私はこれで忙しいですか - 今、私は別のビジネス、他の心配をしています。睡眠と母乳とオムツだけが気になる。いいえ、私はあなたの牛泥棒を見さえしなかったことを誓います。

アポロがどんなに怒っても、狡猾で危険なエルメスからは何も得ることができませんでした。最後に、金色の髪の神はヘルメースをゆりかごから引きずり出し、父親のゼウスの所へ産着で行かせ、論争を解決させました。両方の神々がオリンパスにやって来ました。エルメスがどんなにかわしたとしても、どんなに狡猾であったとしても、ゼウスは盗まれた牛をアポロに渡すように命じました.

オリンポス山からヘルメスはアポロをピュロスに導き、途中で亀の盾から作った竪琴を手に入れました。 Pylos で彼は、角。アポロが牛を洞窟から追い出す間、エルメスは彼女の近くの石に座り、竪琴を弾きました。素晴らしい音が谷と砂浜を告げました。驚いたアポロは、エルメスのゲームに喜んで耳を傾けました。彼はヘルメスに竪琴のために盗んだ牛を与えたので、竪琴の音に彼は魅了されました。そして、ヘルメスは、牛の世話をしているときに自分自身を楽しませるために、互いに接続された 7 つの異なる長さの葦管で構成されるフルートを自分で作り、ギリシャの羊飼いにとても愛されました.

風変わりで器用で、思考と同じ速さで世界中を駆け巡る、マヤとゼウスの美しい息子、エルメスは、幼い頃から彼の狡猾さと器用さを証明し、若々しい強さの象徴としても機能しました。パレストラのいたるところに彼の彫像が立っていました。彼は若いスポーツ選手の神でした。彼らは、レスリングや速走競技の前に彼に電話をかけました。

古代ギリシャでヘルメスを敬わなかったのは、旅行者、雄弁家、商人、スポーツ選手、さらには盗賊でした.