Русский English 中国 Português 日本語 Indonesia

オレステスは、アルテミスの神聖なイメージのために牡牛座に行きます

オレステスエリニウスへの迫害を取り除かなかった。彼ら全員がアレオパゴスの決定に従ったわけではありません。彼らの何人かは、昼夜を問わず彼を休ませずに、オレステスを追跡しました。最後に、苦しみに疲れ果てたオレステスは、アポロンの聖域であるデルファイに再び逃げました。そこでアポロンは彼に遠くのタウリダに行き、女神アルテミスの神聖な像を持ち帰るように命じました。それは危険な偉業でした。 Taurida に住んでいた Taurians の部族は、このイメージの前に、彼らに来たすべての見知らぬ人を犠牲にしました。オレステスはそのような運命をたどったかもしれません.

縛られたオレステスとピュラデスをアルテミス神殿へ導くイフィゲニア
イフィゲニアは拘束されたオレステスとピュラデスをアルテミス神殿に導く.
(浅浮き彫り、紀元前 2 世紀後半)

それにもかかわらず、オレストは長い旅に出ました。どんな犠牲を払っても、オレステスはエリニュスの迫害を取り除きたかった.楽しい航海の後、彼は友人のピラデスと共にタウリダに到着し、海岸の岩の間に船を隠して、アルテミス神殿に行きました。オレステスは、この神殿の巫女が彼の妹 イフィゲニア であり、ギリシア人がかつて女神アルテミスに生け贄に捧げようとしていたとは思いもしませんでした。オレステスとピラデスは日中アルテミスのイメージを盗むことを敢えてせず、夜が明けるのを待ち始めました。しかし、羊飼いたちは彼らを見て攻撃し、長い闘争の末、彼らを縛って王様に連れて行きました。王は、二人ともアルテミスに生け贄に捧げるべきだと決めました.

朝、彼らは縛られて寺院に連れて行かれました。何も疑わないイフィゲニアは、自分の手で兄を殺すことになっていた。夜、彼女は地震が父親の宮殿を破壊し、そこから金髪のカールが降りてきた柱が1つしか残っていないという恐ろしい夢を見ました。イフィゲニアは兄のオレステスが亡くなったと判断し、亡くなった兄に敬意を表して犠牲を払うことにしました。犠牲の間、王の使用人はオレステスとピュラデスを彼女に縛り付けた.彼女は彼らが誰で、どこから来たのかを尋ね始めました。彼らがギリシャ人であることを知った彼女は、アガメムノンの運命と兄のオレステスについて尋ねました。 Orestes と Pylades は、少しうれしそうに話すことができました。

最後に、イフィゲニアは若者の 1 人だけを生け贄に捧げ、もう 1 人をギリシャのオレステスに手紙で送り、オレステスが妹のイフィゲニアが生きていることを知ることにしました。兄と妹が出会ったのはその時だけでした。オレステスとイフィゲニアは彼らの出会いを喜んだ。しかし、彼らはどのようにして救われたのでしょうか? Taurida から脱出する方法

私はイフィゲニアの欺瞞に訴えることにしました。彼女はおうし座の王に、アルテミスの像が汚され、彼女と見知らぬ二人の女神へのいけにえの両方が海で洗い流されるべきだと発表しました。おうし座の王はこれに同意しました。

厳粛な行進で、イフィゲニアは寺院の使用人と一緒に海辺に行き、オレステスの船が隠されている場所に行きました。使用人はアルテミスの像を運び、王の使用人は縛られたオレステスとピラデスを率いました。海岸に到着すると、イフィゲニアは王の使用人に、清めの秘密の儀式を見ることになっていないので、去るように命じました。使用人が去ったとき、イフィゲニアは兄と彼の忠実な友人を解放し、彼らと一緒に船に急いだ.式典がこれほど長く続いたことは、王の召使いたちには不審に思われました。彼らは海岸に行き、驚いたことに、オレステスがイフィゲニアを連れ去りたいと思っていた船を見ました。王の使用人はオレステスに駆けつけ、巫女を彼から奪い取りました。戦いが始まりましたが、オレステスとピラドゥスは王室の使用人を敗走させました。オレステスはイフィゲニアとその仲間と共に船に上った。漕ぎ手はオールに座って外海に出ました。しかし、彼らはそう簡単におうし座を離れることはできませんでした.

ひどい嵐が起こり、船は再び岸に打ち上げられました。女神アテナ-パラスが来なければ、船に乗っていたすべてのギリシア人が死に、牡牛座の王の支配下に置かれていたでしょう。彼らの援助。タウリア人の王に現れた彼女は、イフィゲニア、彼女の兄弟、およびそのすべての仲間だけでなく、アルテミス神殿のすべての使用人でさえもギリシャに解放するように彼に命じました。王は女神の意志に従った。これでイフィゲニアは、かつて女神アルテミスが彼女を牡牛座に移した故郷に戻ることができました.

オレステスの幸せな帰路でした。祖国に戻ると、彼は息子のアイギストスアレットを殺しました。彼の不在時の玉座。タウリスでイフィゲニアの犠牲ナイフの下で彼のために死ぬ準備ができていた彼の忠実な友人であるピュラデスに、オレステスは妹のエレクトラを妻として与えました。イフィゲニアは、アテネからそう遠くないアッティカの海岸に建てられた神殿で、女神アルテミスの巫女になりました。